体にやさしくタッチすることで、お互いや自分のケアを行うタッピングタッチの基本を学んで、ボランティア活動に活かしてみませんか。

とても簡単なので、子どもやハンディのある人でもできるうえ、専門的な利用が可能なため、心理、教育、看護、福祉、子育て、被災者ケアなど、様々な分野での利用が広がっています。

詳しくは、こちら!