社会福祉法人 千葉市社会福祉協議会
ボランティアグループ

その他地域

落語研究会 縁(えん)

落語好きが集まった社会人落語家集団です。
仕事をもって活動している者、定年退職後に活動している者などさまざまですが、落語が好きなことは一致しています。落語だけでなく、「手品」「手品漫才」「三味線漫談」「南京玉すだれ」「啖呵売り(寅さんでおなじみの売り方)の口上芸」など…。
お客さまのご要望で、落語と合わせた寄席のような番組を作るときもあります。落語のあとや、お稽古のあとなど、みんなで楽しくおしゃべりしたりしています。

オカリナ・エーデルワイス

平均年齢75歳以上の高齢者の集まりではありますが、10年を経過したチームワークには自信があります。オカリナ演奏を通じて、年間十数回、施設などで演奏会を行っています。訪問先にはオカリナの音色に和んでいただき、ご一緒に合唱する機会を設定し、または励ましの一助にもなれるよう願って、取り組んでいます。

千葉こどもサポートネット

すべての子どもに対して、基本的人権を尊重し、憲法・児童の権利に関する条約・児童福祉法・児童虐待の防止等に関する法律・障害者基本法・少年法・教育基本法などの子どもの人権に関する諸規定に定められた理念を実現するため、相談事業、各種学習会等の開催及び情報提供サービス等の事業を行い、子どもの人権擁護に寄与することを目的とする。

千葉市中南米音楽愛好会

 アンデスの楽器(ケーナ・チャランゴ・サンポーニャ・ボンボなど)で民族音楽(フォルクローレ)を中心に、中南米の音楽、歌、踊り、文化紹介、そして世界の料理や飲み物を千葉市在住のネイティブの方に教えておらう等のイベントも開催しています。

アマービレ

ご依頼に応じて、オカリナの演奏に伺います。クラシック、抒情歌、季節の歌で音楽の楽しいひとときをご一緒に過ごしましょう。 アマービレは、プロオカリナ演奏者(千葉市アーティストバンクちばにプロ登録している唯一のオカリナ奏者)の代表者とそのサポートメンバーで構成されているボランティアグループです。オカリナの独走で訪問演奏を行っています。

千葉市地域で生きる会

障害のある子もない子も地域の中で一緒に育ち、学び、生きていくことを応援しています。

防災・避難所運営マニュアルをつくる会

災害時に特に支援の必要な人々 ― 高齢者・障がいのある人・持病やアレルギー疾患のある人・外国人・子ども・妊産婦など女性の視点を入れた「防災・避難所ノート」を作成し、その普及につとめることを目的とし、活動しています。「ノート」の必要性を伝えるとともに、さらに内容の充実もはかりたいと思います。様々な人々の声をつのっています。

日本語を母語としない親と子どものための進路ガイダンス 千葉実行委員会

千葉市や県内の他地域で、日本語を母語としない子どもたちや、その親を対象とした高校進学のガイダンスを開催しています。通訳など、お手伝いしてくださる方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。また、お知り合いの中に対象となる親子がいらっしゃいましたら、ぜひ、このガイダンスのことをご紹介ください。

NPO法人 若葉まるまる部

当法人はボランティア団体です。『こどもが自ら考え行動する力を育む』ことを支援できるようゲーミフィケーションやイベントを通じて子どもと関わっていくために立ち上げました。こどもが主体的に『○○したいをカタチにしよう』都思考できるコミュニティ作りをしたい。こどもが主体的に活動し、そしてその失敗を大人が見守ることができるような環境を作りたい。そんな想いを持ってこどもと寄り添ってくれる人を増やしたいと考えています。よかったら、わたしたちと一緒に活動してみませんか?

ちば歩こう会

ちば歩こう会は、千葉市周辺の人たちを中心とし、ウォーキングイベントの企画・運営を主たる活動としています。更に、ウォーキング普及活動のため、千葉市保健福祉センターや公民館で出前講座を実施しています。

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 千葉市ボランティアセンター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.