社会福祉法人 千葉市社会福祉協議会
ボランティアグループ

美浜区

千葉市手をつなぐ育成会

知的障害のある人やその家族が、社会の一員として生き生きと希望をもって暮らしていけるように、さまざまな活動をしています。各区おしゃべり会は、会員でなくとも知的障害のある人の家族には気軽に、自由に参加していただいております。話し合いは相談、悩み、情報交換、障害福祉の動向等です。参加する方の年齢も幅が広く、学童期のお子様をお持ちのお母さんから、中高齢になる方のご家族もいらっしゃいます。各区おしゃべり会の開催は、年に4回(6月、9月、12月、3月)、場所は各区保健福祉センターのボランティア活動室で開催されています。 

Aqua Dream Project

幕張の浜は、水難事故が多いため、幕張の浜に賑わいを創出することを目指し幕張新都心にSDGsのシンボルとなるような水族館の誘致を行い街づくりの機運醸成を行う。また、世界と繋がっている海辺「幕張の浜」で、多様性のある人々が共に、海辺のごみを拾うことで、様々な角度から、環境問題を考えるきっかけを創ります。

あるあるコール おしゃべりサロン

家族のお酒の飲み方で困ったり、心配したりしている方をサポートする活動をしています。おしゃべりサロンを開催し、状況や気持ちを分かち合うと共に、アルコール依存症
について勉強し、適切な対応を学びます。

マラプア ウクレレ

ハワイアン曲や日本のポピュラー曲、季節やクリスマスの曲など、皆さんが楽しんで頂ける曲を、日頃練習しています。

なぎさ会(なぎさ懐メロ楽団)

 「なぎさ会」は生きがいと健康づくりで、「自らの生活を豊かにする楽しい活動」と、高齢者が持っている時間と経験・知識を活かして「地域を豊かにする活動」に取り組んでいるシニアクラブです。
[なぎさ懐メロ楽団]は、「なぎさ会」で少し楽器を演奏できる男性4名(トランペット・アルトサックス・ギター・ベース)で、気軽に合奏を楽しもうというと結成した楽団です。カラオケに合わせて昭和歌謡曲を中心に、『歌のない歌謡曲』の演奏を楽しんできました。その後、リズム楽器「カホーン」と「ボーカル」の女性2名を加えて、現在は6人編成で楽団で活動しています。レパートリーは130曲ほどで、年間数十回、高齢者施設や敬老会などで演奏を披露し、会場の皆様にも一緒に歌って楽しんでいただいています。

夢鯨工楽部

昔は東京湾に数多く生息していた、日本一小さな鯨スナメリが、今でもわずかながら東京湾に生息している可能性があります。ここ千葉市の、日本一長い人工海浜でも目撃情報や漂着が確認されています。もっとスナメリが棲みやすい海にするためには、先ず、目の前の海の事を知り、生き物に優しい海にしてゆく必要があります。海の生き物の状況を知る生き物しらべ、海の状態を知る簡易水質調査、人工海浜の歴史を知る貝しらべ、優しい海にするビーチクリーン。これらを通じて、目の前にある海浜をもっと知ってもらうための活動です。これまで稲毛記念館で実施していた、貝の標本図鑑作りの指導も可能です。  

NPO 法人スピリッツ(あんそれいゆ)

 NPO法人スピリッツが主催する「あんそれいゆ」という、子育て支援を目的としたグループです。子育て中の保護者対象の活動となります。自己成長のワークショップとフリートークを通じて、自分を見つめ、友人や家族に言えない心のもやもやを吐きだす場として、活動しています。コロナ感染の為人数制限を行っております。事前にご連絡ください。電話は繋がりにくい場合がございますので、なるべくメールでの連絡をお願いいたします。コロナの感染状況により、オンラインでの活動になる場合があります。

美浜レフア

ウクレレで歌の伴奏をし、会場の皆さんの年齢に合わせた曲を皆さんと一緒に歌うのをモットーとしております。美浜レフアとは、美浜区に住んでいる仲間が中心となり、「レフア」とはハワイ島にたくさん咲いている花の名前、不毛の溶岩台地に咲く花の神話に魅せられて「レフア」と付けました。

傾聴ボランティアみはま

 傾聴の基本姿勢は ・話す人の気持ちを受け止める ・尊重する ・批判、否定しない ・話されることをありのままに受けとめる。この5つです。話しを聞いてもらえたと思えるだけで、話した人の気持ちが楽になれるはずです。昔の話をすることで癒されたりすることもあります。話し手、聴き手、相手が共有、共感できる時間を過ごし、楽しい思いも経験できる思いも度々です。

1 2 3 8 »
PAGETOP
Copyright © 千葉市ボランティアセンター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.