社会福祉法人 千葉市社会福祉協議会
ボランティアグループ

稲毛区

千葉氏を語る会

「千葉氏を語る会」は、郷土の先人である千葉氏を研究し、
その実績の普及を通じて、郷土のアイデンティティの構築や、
地域振興を目的に結成されました。

本会では、上記の目的を達成するため歴史学を始めとする
考古学・地質学などの専門家による講演会やシンポジウムの
開催、史跡見学会に加えて会報誌の発行などを行っています。

手話サークル 稲の会

 手話を学びたい方、地域の聴覚障害者協会の行事やお手伝いをしたい方、見学自由ですので、興味のある方は是非一度見に来てください。

スペシャルオリンピックス日本・千葉

スペシャルオリンピックス(SO)とは、知的発達障害のある人たち(アスリート)に、さまざまなスポーツトレーニングとその成果の発表の場である競技会を、年間を通じ提供している国際的なスポーツ組織です。

点字と手話の勉強会 てとてん

乳幼児のお母さんから80代の方まで、幅広い年齢の方が参加しています。聴覚障害者、視覚障害者、車椅子ユーザーも一緒に楽しく活動していますので、興味のある方はぜひお運びください。

訪問うたごえサロン ハモルカ

高齢者からその場でリクエストをいただき、生伴奏で一緒に歌います。レパートリーは軍歌・民謡・唱歌・懐メロ・歌謡曲・フォークソング・J-popなど。興味のある方はご連絡ください。

千葉中央朗読奉仕会 かがりび

主に視覚障害者の方へのボランティア活動です。音訳活動をメインに、それにかかる交流、ガイドボランティア、イベント補助などを行います。また、高齢者福祉施設・子どもルームなどでの読み聞かせ訪問活動も行っています。各メンバーが無理はせずできることを楽しくやる、をモットーにワイワイ活動しています。

赤十字防災ボランティア1ブロック

 私たち、赤十字ボランティアボランティアは、赤十字の理念をもとに活動しているグループです。平時において、防災や減災に関する啓蒙活動や訓練のお手伝い、技術・知識の向上のための研修会などを行い、発災時においては、地域に根差した支援活動を行っています。

グループともしび

千葉市療育センターを活動拠点に、視覚に障害のある方のために朗読をしているボランティアグループです。よりよい朗読を目指して月2回の勉強会を開き、元民放アナウンサーを講師に研修を続けています。また、親睦を兼ねて、春にはメンバーの遠足、秋にはリスナーとの交流会等楽しい企画もあります。

ちば傾聴フレンズ

 老人ホームやデイサービス等の施設を訪問して傾聴のボランティアを行い、個人宅を訪問して傾聴ボランティア活動は行っておりません。活動範囲は、自宅から無理なく通える施設を、原則として個人で訪問します。勿論、活動を始めた慣れない最初のうちは、先輩会員が同行して親切に指導します。現時点では残念ながら各施設は新型コロナ対策で、ボランティア活動の受け入れを中止しており、感染拡大の収束を待っている状態です。個人的に活動している会員は、毎月第一金曜日の午後に稲毛保健福祉センター内のボランティア活動室に集まって月例会を開いて交流を図っています。興味のある方は是非一度気楽に‘‘千葉傾聴フレンズ‘‘の月例会にお出てください。

日本車椅子レクダンス協会 千葉中央支部/千葉美浜支部

 障害者や高齢者が健常者と同じようにダンスが踊れるような社会環境を実現するために活動しているボランティア団体です。千葉美浜、千葉中央合わせて会員数は約50名です。活動は定例会での練習、福祉施設でのボランティア訪問を行っています。ボランティアを通じて得るものは「笑顔」と「感動」です。興味をお持ちの方はぜひご一報ください。

« 1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © 千葉市ボランティアセンター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.