社会福祉法人 千葉市社会福祉協議会
ボランティアグループ

災害時支援

赤十字防災ボランティア1ブロック

 私たち、赤十字ボランティアボランティアは、赤十字の理念をもとに活動しているグループです。平時において、防災や減災に関する啓蒙活動や訓練のお手伝い、技術・知識の向上のための研修会などを行い、発災時においては、地域に根差した支援活動を行っています。

防災・避難所運営マニュアルをつくる会

災害時に特に支援の必要な人々 ― 高齢者・障がいのある人・持病やアレルギー疾患のある人・外国人・子ども・妊産婦など女性の視点を入れた「防災・避難所ノート」を作成し、その普及につとめることを目的とし、活動しています。「ノート」の必要性を伝えるとともに、さらに内容の充実もはかりたいと思います。様々な人々の声をつのっています。

ウィメンズ・ウィングちば

男女共同参画社会の実現に向け、誰もが暮らしやすく、特に暴力のない社会としてDV 被害者支援を活動の核にしています。DV防止の啓発と女性のための電話相談を行っています。

千葉市SLネットワーク

私たち「千葉市SLネットワーク」は、公益財団法人日本法制度学会災害救助ボランティア推進委員会が主催する「災害救助ボランティア養成講座」を修了し、「セーフティリーダー」(通称:SL)の認定を受けたメンバーで活動する団体です。災害救助ボランティア養成講座の基本理念「わが身・わが命・わが家は自分で守る」の実践を目的に、首都圏での大規模災害に備え、「公益財団法人SL災害ボランティアネットワーク」の活動と連携しながら、九都市防災訓練、各区内指定避難所運営訓令、千葉市ライセンス・スキルアップ講座や市内のイベント尾などで活動を行っております。「災害は忘れたころにやって来る」といわれますが、今や「災害は忘れる前にやって来る」ともいわれます。``防災・減災を自分ごとに``と関心をお持ちの方、SLの仲間に入り一緒に活動しませんか!

千葉災害ボランティア連絡会

当連絡会は、千葉市に居住する、災害に関心を持つ者で構成し、平常時から行政機関や地域に密着した各種団体(町内の自治会や管理組合、自主防災会、ボランティア、NPOなど)と連携・協働し、顔の見える関係づくりを行うとともに、大規模災害が発生したときは、行政や社会福祉協議会などと連携し被災者支援などを行うことを主として、会員相互の親睦を図りつつ、お互いに「和と輪」を持って研鑽することを目的として活動しています。なお、災害時は女性に関する問題が重要ですので、女性の会員を期待します。

千葉県災害対策コーディネーター連絡会 千葉市民グループ

 明治維新より150年を経ない、天災あり人災ありの日本は再び立ち上がり、先進国の仲間入りを果たした。平成に入り、阪神・淡路大震災と東日本大震災が相次ぎ、多大な被害があった。この両大震災で覚醒させられたことは、人口の都市集中と地球環境が変化する中で1人でも多くの住民が学習と訓練を積み重ねて能力を高めることが不可欠。私たちは役立ちたい。

PAGETOP
Copyright © 千葉市ボランティアセンター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.