社会福祉法人 千葉市社会福祉協議会
ボランティアグループ

傾聴

認知症の方の傾聴ボランティアグループ 稲毛ホワイエ

 1987年、民間認知症専用デイサービス設立。2000年から閉所まで5年間はボランティア主体の運営経営で、千葉市介護保険事業所として、認知症ケアのあり方を追求。その経験をもとに、訪問を受け入れてくれる介護保険事業施設で認知症の方の傾聴ボランティアをしている。言語に限らない、利用者とのゆとりある交流を目指している。

ちば傾聴フレンズ

 私たちの会は、50歳前後から80歳前後のメンバー(男女比は女性4に対し男性1程度)が、「①ご高齢者を対象とした傾聴ボランティア活動」「②例会をとおして傾聴スキルの向上を図ること」「③メンバー相互の活動支援と親睦に努めること」を目的に、個々に各区で活動しています。また、メンバーの負担を軽減するために例会の出欠席も自由で、特に決まった会費というものもありません。新人の方も直ぐ活動に慣れるようにフォローします。事前連絡の必要はありません。見学もOKです。お気軽に例会にお越しください。

こてはし台・横戸台ボランティアの会

 千葉市花見川区こてはし台および横戸台の、地域を思う住民によって組織された任意のボランティア団体です。活動範囲は、こてはし台、横戸台、およびその周辺を中心とした地域限定型です。
 活動内容は、「個人へのボランティア」では、高齢者から子育て世代まで、日常生活でちょっとしたお困りごとを抱えた方へのお手伝いをしています。また、「団体へのボランティア」では、高齢者施設、障がい者施設、小・中学校、社会福祉協議会こてはし台地区部会・こてはし台中学校区地区部会横戸台支部の各種事業等でのお手伝いをしています。
 活動内容は多岐に亘っていて、それぞれの活動は、グループリーダーを中心にグループごとに行っています。会員は、活動したいグループに自発的に参加しています。活動は、すべて無償の活動です。
 当会は、特別な資格を持った人の集まりでなく、誰かのために何かの役に立ちたい、地域のために何かをしたいと思う方の集まりです。
 「地域で共に支え合い」という創設以来の合言葉のもと、「できる人が、できる時に、できることを」を活動の基本に置いて、私たちの街が、何時の時も「安心して心豊かに暮らせる街」でありたいという地域のニーズに応えながら、福祉の面で地域を支えるボランティア団体として末永く活動し続けたいと願っています。ご一緒に活動しませんか?

傾聴ボランティア・みどり

毎月、4施設・5回傾聴訪問をしています。各施設には、2名以上で出かけていき、入居者様と和気あいあいで約1時間、お話をしています。帰り際には、「また来てネ」という言葉で元気をもらって帰ってきます。月に1度の定例会では、訪問時に経験したことを話し合い、次回訪問の手助けにしています。適切な助言をしてくれる、指導者にも恵まれています。お気軽に定例会を見に来てください。お待ちしています。

傾聴ボランティア・中央

傾聴ボランティア・中央は、現在9名にて月2回、きぼーるにほど近いアビタシオン京成千葉まで出向き、入居者とお話をさせていただくという活動を行っています。いろんなことを経験されてきた高齢者のお話を聴くことで、さまざまな人生に出会えます。表情が次第にイキイキとしてくるとき互いの心が和んできます。帰り際には「楽しかった!また来てくださいね」など言われたこともあり、この活動の醍醐味です。私たちと一緒に傾聴ボランティア、やってみませんか!

傾聴ボランティア・いなげ

月1回の定例会では、訪問結果の発表・問題点の検討・情報交換等、家庭的な雰囲気の中で和気あいあいとした会です。また、年2回、懇親会を設けています。

ウィメンズ・ウィングちば

男女共同参画社会の実現に向け、誰もが暮らしやすい社会をめざして活動しています。特に、暴力の社会のために、DV被害者支援を活動の核としています。DV防止の啓発と女性のための電話相談を行っています。

PAGETOP
Copyright © 千葉市ボランティアセンター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.