社会福祉法人 千葉市社会福祉協議会
ボランティアグループ

演奏・演技等

マラプア ウクレレ

ハワイアン曲や日本のポピュラー曲、季節やクリスマスの曲など、皆さんが楽しんで頂ける曲を、日頃練習しています。

なぎさ会(なぎさ懐メロ楽団)

 「なぎさ会」は生きがいと健康づくりで、「自らの生活を豊かにする楽しい活動」と、高齢者が持っている時間と経験・知識を活かして「地域を豊かにする活動」に取り組んでいるシニアクラブです。
[なぎさ懐メロ楽団]は、「なぎさ会」で少し楽器を演奏できる男性4名(トランペット・アルトサックス・ギター・ベース)で、気軽に合奏を楽しもうというと結成した楽団です。カラオケに合わせて昭和歌謡曲を中心に、『歌のない歌謡曲』の演奏を楽しんできました。その後、リズム楽器「カホーン」と「ボーカル」の女性2名を加えて、現在は6人編成で楽団で活動しています。レパートリーは130曲ほどで、年間数十回、高齢者施設や敬老会などで演奏を披露し、会場の皆様にも一緒に歌って楽しんでいただいています。

みんなの広場

 団体名と同じ名称の「みんなの広場」という場を運営しています。その場所を利用して、毎週水曜日にランチ会「すいようカフェ」を開催し、多世代の居場所として毎週20名前後の方々が利用し交流しています。安心ケアセンターなどと連携を図り、情報提供もしています。ほかの曜日には、「がんとーくの会(第2・4火曜日)」、障害を持つお子さんを支援する「共に生きる会(毎週水曜日)」、女性を支援する「ウィメンズの会(毎週金曜日」が活動しています。傾聴、居場所作り、おもてなし、作品作成(簡単な子どものおもちゃ)が得意な方、社会貢献の為のグループ活動を始めたい方を応援します。

うたごえバンド よぅきぃず

バンドが結成されたのは2015年です。
代表者が、ハローワーク千葉南所で職業相談員として、生活保護受給者や困窮者の生活・就労支援業務に従事しながら、各地の生活保護者が入居している施設を訪問し、無気力な生活を送っている人たちに、童謡・唱歌や懐かしい歌謡曲をみんなで歌いながら、帰れないふるさとへの想いと生きがいを取り戻して、社会に復帰するきっかけをつかんでほしいとの願いで始めました。

使用楽器はアコーディオンで、歌を聞かせるスタイルではなく、リクエスト曲をその場で演奏し、歌声喫茶風にみんなで歌うスタイルをとり、大きな声で元気よく歌うことを中心にしています。

現在は、対象を障害者や認知症等の福祉設備に拡大し、年間30か所を訪問中です。

訪問うたごえサロン ハモルカ

高齢者からその場でリクエストをいただき、生伴奏で一緒に歌います。レパートリーは軍歌・民謡・唱歌・懐メロ・歌謡曲・フォークソング・J-popなど。興味のある方はご連絡ください。

千葉ダルク琉球太鼓

千葉ダルク琉球太鼓は、千葉市を中心に琉球太鼓エイサーの演舞を行い活動を行っています。手作りシシマイを取り入れ、より良いイベントづくりに励んでいます。

落語研究会 縁(えん)

落語好きが集まった社会人落語家集団です。
仕事をもって活動している者、定年退職後に活動している者などさまざまですが、落語が好きなことは一致しています。落語だけでなく、「手品」「手品漫才」「三味線漫談」「南京玉すだれ」「啖呵売り(寅さんでおなじみの売り方)の口上芸」など…。
お客さまのご要望で、落語と合わせた寄席のような番組を作るときもあります。落語のあとや、お稽古のあとなど、みんなで楽しくおしゃべりしたりしています。

オカリナ・エーデルワイス

平均年齢75歳以上の高齢者の集まりではありますが、10年を経過したチームワークには自信があります。オカリナ演奏を通じて、年間十数回、施設などで演奏会を行っています。訪問先にはオカリナの音色に和んでいただき、ご一緒に合唱する機会を設定し、または励ましの一助にもなれるよう願って、取り組んでいます。

千葉市中南米音楽愛好会

 アンデスの楽器(ケーナ・チャランゴ・サンポーニャ・ボンボなど)で民族音楽(フォルクローレ)を中心に、中南米の音楽、歌、踊り、文化紹介、そして世界の料理や飲み物を千葉市在住のネイティブの方に教えておらう等のイベントも開催しています。

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 千葉市ボランティアセンター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.