政府・⾦融庁から「みなし入院」による入院給付⾦⽀払対象の⾒直しへの要請を踏まえ、ボランティア活動保険等の支払いについて、取り扱いが下記のとおり変更となりましたので、お知らせします。

◆変更となる内容

医師に「新型コロナウイルス感染症」と診断された日が令和4年9月26日以降の場合、宿泊施設・⾃宅での療養を「入院」とみなして保険⾦をお⽀払いする取扱いの対象を「重症化リスクの高い方(※)」とします。

※「重症化リスクの高い方」とは、以下の方をいいます。
・65歳以上の方
・入院を要する方
・重症化リスクがあり、新型コロナ治療薬の投与または新型コロナ罹患により酸素投与が必要な方
・妊婦の方

◆対象の制度、プラン

・ボランティア活動保険
・福祉サービス総合補償(感染症オプション)

詳細については、福祉保険サービスのサイト(外部サイト)をご覧ください。
福祉保険サービス「新型コロナウイルス感染症の『入院保険金等』の取扱いについて」