社会福祉法人千葉市社会福祉協議会

家庭裁判所への申立て費用の助成(成年後見制度利用支援事業)

  • HOME »
  • 家庭裁判所への申立て費用の助成(成年後見制度利用支援事業)

千葉市では、収入や資産等の状況から、後見・保佐・補助開始の申立て費用や、成年後見人等に対する報酬を負担することが困難な方に対して、助成を行っています。

対象及び所得要件

申立者:本人、配偶者及び四親等内の親族、成年後見人等。

負担者 対象経費 所得要件 助成方法
申立者
(市長以外)
申立て費用 社会福祉法人等利用者負担軽減対策基準  ※2 申立て者が立て替え、償還払いの方法により助成
申立者
(市長)
市が費用を立て替え、費用負担が困難な場合は、立て替え分を本人に請求しない方法により助成

※2 社会福祉法人等利用者負担軽減対策基準

世帯の人数 収入見込額(年額) 資産基準(現金、預貯金等)
1人世帯 150万円以下 350万円以下
2人世帯 200万円以下 450万円以下
3人世帯 250万円以下 550万円以下
4人以上世帯 250万円+(50万円×(世帯員-3人))の額以下 550万円+(100万円×(世帯員-3人))の額以下

助成対象経費の額

◇申立て費用

項目 費用 備考
収入印紙代 2,600円 登記手数料
収入印紙代 800円 後見開始・保佐開始
1,600円 保佐(補助)開始+代理権付与
保佐(補助)開始+同意権付与
2,400円 補助開始+代理権付与+同意権付与
郵便料 (上限額) 3,600円 後見開始
 (上限額) 4,600円 保佐開始・補助開始
診断書料 3,000円~10,000円
裁判所による鑑定に係る費用 50,000円~100,000円 紛争性の少ない「後見」の場合等は鑑定が省略されるケースが多い。(診断書で対応)

◇後見人等報酬

本人の在宅(月額28,000円)、施設(月額18,000円)の区分で上限額があります。

後見人等が本人の配偶者や四親等内の親族の場合は支給対象外です。

また、後見人等報酬の助成は、千葉市で申立て費用の助成を受けた方のみ、対象となります。

問い合わせ先

<申立て時65歳以上> 電話 043(245)5166 (千葉市高齢福祉課

<申立て時65歳未満> 電話 043(245)5175 (千葉市障害者自立支援課

お気軽にお問い合わせください TEL 043-209-6000 受付時間 9:00 - 17:30 [ 土・日・祝日・年末年始除く ]

PAGETOP
Copyright © 千葉市成年後見支援センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.