いま世界では成年後見制度が本人の意思決定を支援する制度へと変わりつつあります。
誰もが支援があれば意思決定できるという考え方のもと、代理権の行使も限定化していく方向です。日本でも現在「意思決定支援」を成年後見制度の中心に位置づけるべく検討が進められています。
そこで、今回は特に精神障害のある人の意思決定支援に焦点を当て、よりよい支援とは何か、また成年後見制度の課題について、ともに学ぶ機会にしたいと思います。
 
※ 日本精神保健福祉士協会さんからのお知らせです。
 
※ 東京都千代田区での開催です。
 

日時

 平成30年12月9日(日)
 13時00分~16時45分
 (受付は12時30分から)

会場

 JA共済ビル カンファレンスホール (東京都千代田区平河町2-7-9)JA共済ビル1階

参加費

 無料

主催

 日本精神保健福祉士協会

申込み・お問い合わせ

 申込締切日:11月18日(日)
 
 その他、詳しくは こちら でご確認ください。

 公益社団法人日本精神保健福祉士協会 事務局
 
<TEL>
 03(5366)3152
<FAX>
 03(5366)2993