東風が吹くと咲きほころぶので「風待草」「春告草」。ほのかに香るので「風見草」「匂草」「香栄草」。また、晋の武帝の故事に由来する古名は「好文木」。
万葉の昔から愛されてきた「梅」は、“おゆみ野四季の道”に凛として佇み春の到来を知らせています。 さあご一緒に “梅巡り”に出掛けましょう!

詳しくはこちらをクリックしてください!